ちょっとした性の雑学

  ブログ , 新着情報

こんにちわ

宮殿スタッフのAです。

ネットでいろいろ見ていたら、意外と知らない性の雑学があったのでブログで書いていきたいと思います。

お酒の場で話すと盛り上がるものから、実際に使えるものまで色々あります。

充実したナイトライフを過ごすうえで少しは役に立つかもしれません。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

からだ

人間のからだに関する雑学

GスポットのGって?

ドイツの産婦人科医(エルンストグレフェンベルク)の名前の略で、女性器の研究で有名なことにちなんでつけられました。

場所は膣の入り口から3㎝~4㎝のところにあり、大きさから約2㎝といわれていますが、2008年には「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」といった研究報告がされています。

MRIで豊胸はばれる?

豊胸手術の種類によってバレるものとバレにくいものがあります。

シリコンは100%バレますが、あえて受ける人がいます。

それはシリコンに破損部分がないかをMRIで検査することができるからです。

脂肪注入の場合はMRIではバレることはありません。

ただ、しこりができやすい傾向にあるため、不自然なしこりの出来方でバレてしまうといったことがあります。

幹細胞豊胸術はMRIにもうつらずしこりもできにくいため一番バレにくい方法となります。

ちなみに乳がん検査の際のマンモグラフィーは豊胸手術としていると受けられないといわれています。

クリトリスの役割

クリトリスの役割は性的快感と興奮を得ることのみです。

男性のペニス部分に相当するといわれていますが、感覚神経の数はペニスには約4000本、クリトリスにはその倍の8000本あることからもどれだけ快感を得るのに特化しているかがわかると思います。

ペニスと同じで朝立ちをしたり、女性の7割は仮性包茎の状態である、また真性包茎のように完全に埋まってしまっているひともいます。

埋まっていたとしても機能は同じで快感を得ることには変わりません。

ギリシャ語で鍵やねじといった「封をするもの」という意味のクレイス、「小さな丘」という意味のクレイトリスが名前の由来と言われています。

女性が興奮する匂い

男性の汗に含まれている「アンドロステノン」という物質を女性が嗅ぐというより男性的に見せることができ、性的な興奮を促進するといわれています。

アンドロテノン自体は男性だけでなく女性の汗にも含まれていますがその濃度は男性の方が濃く、また女性を惹きつけることが目的のフェロモン香水などにも使用されていることがあります。

また、毎日アンドロテノンを嗅いでいる人とそうでない人では感度の良さにも違いがあるといった報告もあります。

朝キス効果

ドイツ人研究者によると、朝にキスする人はしない人よりも約25%収入が高くなる。

と言う報告がされています。

人体には500種類以上の菌が存在しています。

唾液が交換されることで菌への抗体が強まり自分だけでなくパートナーの免疫力がアップすること。

男性の場合は朝からポジティブな気持ちになる事で欠勤率が下がり1日中仕事をがんばることができます。

女性の場合は女性ホルモンとオキシトシン、さらには抗うつ作用のあるエンドルフィンが分泌されるおと。

何よりお互いの関係が良好であるためストレスが軽減されること。

などからこういった結果がうまれるといわれています。

セックス

セックスに関する雑学

最も適した時間帯

男性は精液の量がピークになる15時頃、女性は女性ホルモンが増える13時頃が適した時間だという報告が存在します。

ただし、イギリスの大手セックスグッズメーカーによるセックスしたい理想的な時間は?という調査結果によると男性が8時頃、女性が23時頃となってます。

諸説ありますが、朝の時間にセックスするのが一番適しているという説もあります。

理由としては脳がまだ寝ているために快感がアップし、女性の場合オーガズムに達しやすい、ドーパミンが集中力を高めその後の仕事の生産性がアップする、夜、疲れているを理由にセックスレスになるのを防ぐといったことがあります。

浮気の方が妊娠しやすい?

本妻とのあいだでは中々子供ができないのに浮気相手とするとすぐにって話はよく聞きますが、実際そうなるのには色々な説があります。

浮気相手を喜ばせたくて避妊しないことが多い。30代後半以降だと妊娠の確立が低いため妊娠に対して鈍感になっている。

浮気の方が精力も快感もアップするための精子の質もアップする。

女性も興奮度が上がるので分泌駅が多くなり着床しやすくなる。

なぜこういった要因が重なることで妊娠の確率が高くなっているとされています。

セックスフラッシュ

女性がオーガズムに達すると首から方にかけて、人によっては胸や下腹部までの肌や赤やピンクになる症状のことです。

特に肌が白い人に多く、肌が退室で個人差があるので必ず出るというわけではありません。

また赤い斑点が出てしまうと言う人やオーガズムに達してはいないが性的興奮が高まるといった人もいます。

 

まとめ

ちょっと調べただけでこんなにも性の雑学ってあるんですね。

みなさんもお気に入りの女の子に話して盛り上がってはいかがでしょうか?

きっとお楽しみいただけると思います。

 

熟女マダム宮殿