マダム続きとして

  ブログ

わたしのマダムといったら「ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ」(Ratona Sari Dewi Sukarno)

そう、一般的には「デヴィ夫人」といわれている方ですが、今回はご本人の話ではなくその通称のお話。

 

夫人と婦人        

どちらも「ふじん」なんですが使い分けって意外とわからないですよね。私も今回知りました(笑)

 

 夫人(デヴィ夫人)       

他人の妻の、丁寧な呼び方。もと、身分の高い人の妻。社長夫人なんて使われます。

 

 婦人(婦人服売り場)      

成人した女性という意味で相応の年齢に達した、社会的に一人前の女性を指すそうで広範囲の方を指すみたいです。

 

漢字だけだと小さい違いですが中身は明確に違いました。(自分が勉強になりました)

 

さてさて強力な布陣をしいている  マダム宮殿  の御婦人に会いにきてはいかがでしょうか?